日本舞踊【鷺娘】TOP > 日本舞踊【鷺娘】基礎データ

日本舞踊【鷺娘】基礎データのカテゴリ

日本舞踊【鷺娘】の魅力って?

日本舞踊【鷺娘】。

あの坂東玉三郎さまの当り役のひとつ。

雪のシーン、白無垢姿の登場
からはじまる、幻想的なシーンからはじまる名曲。

日本舞踊ファンならずとも、その幻想的なシーン
だけで、虜になってしまうという【鷺娘】。

この曲の魅力について、お伝えします。

日本舞踊【鷺娘】基礎データ

■宝暦二年(1762)四月、江戸・市村座の変化舞踊『柳雛諸鳥囀』[やなぎにひなしょちょうのさえずり] の一節が独立した曲

■作詞:不詳/壕越二三治とも言われる

 

■作曲:富士田吉次・杵屋忠次郎

■曲全体が三下がりで、しっとりとした曲調。

■時間:約30分~35分

【日本舞踊】鷺娘は三つある!?

【日本舞踊】長唄「鷺娘」は、三つあると言われています。

「鷺娘」の初演は、宝暦十二年(1762)の三月か四月、となっており、この初演がひとつめの「鷺娘」となります。

日本舞踊【鷺娘】のあらすじ

【鷺娘】は、鷺と人間の娘の両性具有の存在として描かれます。

一面に雪がしんしんと降り続く景色の中、雪の池のほとりの柳の木のそばに、蛇の目傘をさした白無垢姿の鷺娘がたたずんでいる。

日本舞踊 長唄「鷺娘」をことばで表現!?

日本舞踊 長唄『鷺娘』は、名曲であるために、世の中では、色々な表現をされています。

『鷺娘』は、どんな表現で語られているのか、その気になるフレーズを、集められる限り、集めてみました。