日本舞踊【鷺娘】TOP > 日本舞踊【鷺娘】用語集

日本舞踊【鷺娘】用語集のカテゴリ

「合方」 日本舞踊【鷺娘】用語

合方[あいかた]

三味線が、唄の息継ぎのとき短く演奏する事をさして、「合の手」といい、この「合の手」の長いものをさして、「合方」といいます。

「押し出し」 日本舞踊【鷺娘】用語

押し出し[おしだし]

「押し出し」は、三つの意味のある言葉です。

ひとつは、荒事[あらごと]に使う、両手のひらを前に向かって押し出す型のことを、「押し出し」といいます。

朧夜[おぼろよ]

朧夜とは、朧月の夜のことをさしています。

「片撥」 日本舞踊【鷺娘】用語

片撥[かたばち]

片撥[かたばち]は、片桴[かたばち]とも書きます。

「上方舞」 日本舞踊【鷺娘】用語

上方舞[かみがたまい]

江戸で完成された歌舞伎舞踊に対して、京・大阪で発達した特殊な舞踊のことを「上方舞」といいます。

地唄舞(じうたまい)とも呼ばれる事があるようですが、実際には、浄瑠璃・長唄・端唄なども伴奏に用いられています。

「クドキ」 日本舞踊【鷺娘】用語

クドキ[くどき]

女性の側から、恋や嫉妬の心情を訴えてくどく場面のことで、女の情の変化を形で表す、その曲のクライマックスにあたる部分といえます。

「三下がり」 日本舞踊【鷺娘】用語

三下がり[さんさがり]

三味線における調弦法のひとつをさしていいます。

忍山[しのぶやま]

忍山[しのぶやま]

福島県にある「信夫山[しのぶやま]」をさしています。

「忍ぶ恋路」を、「忍山[しのぶやま]」にかけて表現しています。

繻子[しゅす]の袴[はかま]~取りにくい

当時流行した「山家鳥虫歌」という歌謡から借りてきた一節です。

邪慳[じゃけん]

邪慳[じゃけん]

相手の気持ちを汲み取ろうとはしないこと。

須磨の浦辺~汲みにくい

「松風」を唄った当時の流行唄を挿入してきています。

「セメ」 日本舞踊【鷺娘】用語

セメ[せめ]

責め苦に逢うさまを踊って表現することをさしていいます。

「セリ」 日本舞踊【鷺娘】用語

セリ[せり]

奈落[ならく]と呼ばれる舞台下の空間から舞台上に、大道具・小道具・踊り手を上げ下げする舞台装置を「セリ・迫り」といいます。

「チラシ」 日本舞踊【鷺娘】用語

日本舞踊の曲の最後の部分をさして、「チラシ」といいます。

鉄杖[てつじょう]

鉄杖[てつじょう]

「常磐津」 日本舞踊【鷺娘】用語

常磐津[ときわず]

宮古路豊後掾[みやこじぶんごのじょう]が創始の浄瑠璃「豊後節[ぶんごぶし]」が江戸で禁止された後、江戸に残った門人のうち、 のちの常磐津文字太夫[ときわずもじだゆう]が創始したものを、「常磐津」といいます。

「長唄」 日本舞踊【鷺娘】用語

長唄[ながうた]

十七世紀初め、遊女歌舞伎の時代に、三味線は歌舞伎音楽として取り入れられた、といわれています。当時は、「芝居唄」 と呼ばれていました。

そこから時代を経て、宝永年間(1704~1711)、「芝居唄」は「長唄」と呼ばれるようになった、と言われています。

涙の氷柱[つらら]

涙の氷柱[つらら]

流れ出した涙が、氷柱となってしまう・・・という心の悲痛な叫びを言い表しています。

「引き抜き」 日本舞踊【鷺娘】用語

引き抜き[ひきぬき]

舞台上の衣装の変化による演出のことを、「引き抜き」といいます。

 

「ぶっかえり」 日本舞踊【鷺娘】用語

ぶっかえり

衣装の「引き抜き」の演出のひとつが、「ぶっかえり」です。「ぶっ返り」とも表記します。

「文楽」 日本舞踊【鷺娘】用語

文楽[ぶんらく]

「文楽」は伝統的な人形劇をさしていて、その舞台芸術そのものをさしていいます。

「変化物」 日本舞踊【鷺娘】用語

変化物[へんげもの]

変化物の「変化」は、素早く変身する、といったようなニュアンスがあります。

ですから、通常の「変化[へんか]する」といったことばとは、少し違った理解をする必要があります。

「妄執」 日本舞踊【鷺娘】用語

妄執[もうしゅう]

 

みだりなことに、執念をもやすこと。

「友禅」 日本舞踊【鷺娘】用語

友禅[ゆうぜん]

友禅というのは、隣り合った色が混ざらないように、糸目糊と呼ばれる細い糊の線を防波堤としながら、多彩な模様染めを可能にした、 染めの技法のことです。

「許し物」 日本舞踊【鷺娘】用語

許し物[ゆるしもの]

邦楽において、伝授物・秘事・秘曲をさして「許し物」といいます。

二六時中[にろくじちゅう]

二六時中[にろくじちゅう]

終日、一日中のことをさしています。

当時の一日は、十二刻であったことからきています。