日本舞踊【鷺娘】 TOP 日本舞踊【鷺娘】基礎データ > 日本舞踊【鷺娘】のあらすじ

サイト最新エントリー

日本舞踊【鷺娘】のあらすじ

【鷺娘】は、鷺と人間の娘の両性具有の存在として描かれます。

一面に雪がしんしんと降り続く景色の中、雪の池のほとりの柳の木のそばに、蛇の目傘をさした白無垢姿の鷺娘がたたずんでいる。

恋に悩む女の苦しい胸のうちを踊りはじめて、恨みの心を見せる。

その後、引き抜いてがらっと変わり、町娘の姿で華やかな恋心を、さまざまに表現していく。

やがては、恋に迷った娘は白鷺となり、地獄の責めの苦しさに羽をはばたかせ苦悩する。

苦悩のさまを魅せていた白鷺も、最後には力尽きるように、雪の降りしきる中、息絶えて終幕する。

 

日本舞踊【鷺娘】は、展開していく明確なストーリーというよりも、恋に悩む女の苦しさを様々に表現して、 やがては力尽きて息絶えていくさまを表現した、詩的でダイナミックな展開をもつ曲といえます。

観客側は、【鷺娘】が見せるさまざまな表現を通して、その苦悩の果てを想像しながら観ていくことができる曲といえます。