日本舞踊【鷺娘】 TOP 日本舞踊の基礎知識 > 日本舞踊の基本構成9

サイト最新エントリー

日本舞踊の基本構成9

5.「チラシ」は、漢字では「散らし」と表記します。

いよいよ「起承転結」の「結」であり、「序破急」の「急」となります。

一曲の締めくくりの部分として、それまでの高揚した気分や盛り上がりを鎮めて、気分を変えて、テンポ早く展開しながら、 華やかな終曲を迎えていく部分です。踊り手・観客ともにその高ぶりを鎮めていきながら、終盤を暗示していきます。

たとえば、獅子物においては、「狂い」を見せます。「鷺娘」においては、「セメ」となります。

ちなみに地唄や箏曲においても、その終わりの部分を「チラシ」と呼びますし、舞楽においても、最後の曲のことをさして「散楽 [ちりがく]」と呼びますが、日本舞踊における「散らし」と同様の意味と考えられます。