サイト最新エントリー

【日本舞踊】鷺娘は三つある!?

【日本舞踊】長唄「鷺娘」は、三つあると言われています。

「鷺娘」の初演は、宝暦十二年(1762)の三月か四月、となっており、この初演がひとつめの「鷺娘」となります。

ふたつめの「鷺娘」は、文化十年(1813)三代目坂東三津五郎による十二変化のひとつとしての「鷺娘」です。このときは、 長唄と常磐津の掛け合いとして踊られました。その曲名を、『四季詠寄三大字』[しきのながめよせてみつだい]といいました。

三つ目の「鷺娘」は、天保十年(1839)、四代目中村歌右衛門八変化のひとつ、『花翫暦色所八景』 [はなごよみいろのしょわけ]といいました。この三つ目の「鷺娘」は、作詞が三代目桜田治助[さくらだじすけ]、 作曲は初代杵屋勝五郎[きねやかつごろう]でした。

そして、この三つ目の「鷺娘」が、俗に『新鷺娘』と呼ばれているのです。

また、「鷺娘」は、そのドラマティックさや起伏に富んだ展開などが魅力的であるがゆえに、これら三つの「鷺娘」だけにとどまらず、 上方舞にも取り入れられて、さらに井上流では許し物のひとつになっているほどです。ほかに、文楽にもなっていて、 こちらは『花競四季寿』 [はなくらべしきのことぶき]のなかの一曲となっています。

「鷺娘」は、長唄の名曲ですが、他の芸能ジャンルにまで取り入れられて、アレンジされながら舞踊化されているのです。