日本舞踊【鷺娘】 TOP 日本舞踊【鷺娘】用語集 > 「文楽」 日本舞踊【鷺娘】用語

サイト最新エントリー

「文楽」 日本舞踊【鷺娘】用語

文楽[ぶんらく]

「文楽」は伝統的な人形劇をさしていて、その舞台芸術そのものをさしていいます。

「文楽」と呼ばれるようになったのは、明治の終わりごろから、と言われています。

その前は、浄瑠璃に合わせて演じられる人形芝居ということで、「人形浄瑠璃」などと呼ばれていました。

「文楽」の特筆すべき点は、一体の人形を三人で動かすという人形操作の様式であり、さらに「文楽」においては、人形遣いが観客の前に、 堂々と姿を現して演じていく様式をとっていますので、その点でも「文楽」は、世界的にも例を見ない様式の舞台芸術となっています。

また、「文楽」という名称は、もと人形劇を上演する劇場の名前であったようですが、やがて、この芸能そのものをさすようになって、 今に至っています。