日本舞踊【鷺娘】 TOP 日本舞踊【鷺娘】用語集 > 「クドキ」 日本舞踊【鷺娘】用語

サイト最新エントリー

「クドキ」 日本舞踊【鷺娘】用語

クドキ[くどき]

女性の側から、恋や嫉妬の心情を訴えてくどく場面のことで、女の情の変化を形で表す、その曲のクライマックスにあたる部分といえます。

もとは、口説(くぜつ)から来ているといわれ、女性が男性相手に、自分の心を訴えるパターンが多いのも、クドキの特徴といえます。

相手がいるつもりで踊りかけるようにすすむこともあります。『京鹿子娘道成寺』『保名』 も一人の踊りで、相手がいるつもりで踊りかけていきますので、これに当てはまります。手を握ったり、相手の胸を叩いたりといった仕草・ 振りで、深く心情を訴えかけるかたちをとるのです。

また、踊り手にとっては、肉体的には、もっとも苦しい場面ともいえますが、一曲のクライマックスですから、 踊り上げなければならない場面となります。テンポもおそく、どちらかというと、「踊りつめる」といった表現が適切なのかもしれません。

一方、唄方にとっても、唄の聞かせどころといえる部分ですから、囃子方(鳴物)の演奏は、控えるかたちをとります。

鷺娘においては、「縁を結ぶの神さんに 取り上げられし嬉しさも」からがクドキとなります。