日本舞踊【鷺娘】 TOP 日本舞踊【鷺娘】用語集 > 「セメ」 日本舞踊【鷺娘】用語

サイト最新エントリー

「セメ」 日本舞踊【鷺娘】用語

セメ[せめ]

責め苦に逢うさまを踊って表現することをさしていいます。

セメは、とくに女性の場合に用いられるようです。

女性が残酷な責めにあって、苦しむさまをさしています。

鷺娘でいえば、クドキ・傘尽くしと続いた後、ぶっ返って踊る後半部分は、鷺の精が恋の責め苦に遭うさまを表現していきます。鷺娘では、 その後終幕では、降りしきる雪の中、鷺の精は息絶えてしまうのです。