日本舞踊【鷺娘】 TOP 日本舞踊【鷺娘】用語集 > 「ぶっかえり」 日本舞踊【鷺娘】用語

サイト最新エントリー

「ぶっかえり」 日本舞踊【鷺娘】用語

ぶっかえり

衣装の「引き抜き」の演出のひとつが、「ぶっかえり」です。「ぶっ返り」とも表記します。

「引き抜き」そのものには、いろいろな種類があり、その狙いは、大きく分けるとふたつあります。

ひとつは、視覚上の変化を狙ったもので、「かぶせ」「袋かぶせ」などの手法があります。

代表的な場面に、「京鹿子娘道成寺」において、「都育ちは蓮葉なものじゃえ」との詞章で、赤地の衣装から浅葱地の衣装に変わる 「かぶせ」があります。

鷺娘においても、最初の白無垢姿から、友禅の町娘の衣装に変わるとき、これは「袋かぶせ」と呼ばれる手法が用いられています。

 

もうひとつは、それまで身分を隠していたものが本性を顕す[あらわす]・性格が変わるなどの変身を表現してみせる場合に用いるもので、 「ぶっかえり」は、この手法のうちのひとつ、となります。

鷺娘においては、クドキ・傘尽くしと続いた後、鷺の精が地獄の責め苦にさいなまれるセメの場面で「ぶっかえり」、 やがて髪もさばいてざんばらとなり、終曲へと向かっていきます。

 

「ぶっかえり」は、衣装の上半身部分、糸の先端に付いた玉を抜くと、折りたたんであった上半身だけが落ちて下へ垂れて、 帯から裾までを覆い隠すようなかたちになります。

この糸の先端に付いた玉を引き抜く技は、後見の介添えによって、行われます。