日本舞踊【鷺娘】 TOP 日本舞踊【鷺娘】用語集 > 「常磐津」 日本舞踊【鷺娘】用語

サイト最新エントリー

「常磐津」 日本舞踊【鷺娘】用語

常磐津[ときわず]

宮古路豊後掾[みやこじぶんごのじょう]が創始の浄瑠璃「豊後節[ぶんごぶし]」が江戸で禁止された後、江戸に残った門人のうち、 のちの常磐津文字太夫[ときわずもじだゆう]が創始したものを、「常磐津」といいます。

江戸に残った豊後節の門人のひとりが創始したため、常磐津は、「江戸の浄瑠璃」といえるものです。

語りと唄の均衡がとれた音楽であったことから、劇舞踊には欠かせない浄瑠璃音楽として、その地位を確立していきました。

武士が主役の時代物が主体であった劇舞踊の特質から、常磐津節の基本的な正確も、線が太い男性的なものとなっています。

代表的な曲としては、

『積恋雪関扉』[つもるこいゆきのせきのと]

『蜘蛛絲梓弦』[くものいとあずさのゆみはり]

また、長唄との掛け合いによるものとして、

『乗合舟恵方万歳』[のりあいぶねえほうまんざい]

などが、あります。