日本舞踊【鷺娘】 TOP 日本舞踊【鷺娘】用語集 > 「合方」 日本舞踊【鷺娘】用語

サイト最新エントリー

「合方」 日本舞踊【鷺娘】用語

合方[あいかた]

三味線が、唄の息継ぎのとき短く演奏する事をさして、「合の手」といい、この「合の手」の長いものをさして、「合方」といいます。

「鷺娘」においては、動きが少なくしょんぼりと沈んだ気分の表現が難しい、曲の前半で、「消えてはなかき~」の部分で、「合方」 が加わるかたちをとっています。

「合方」が加わって賑やかになったところで、鷺の気持ちを表現する「鷺足[さぎあし]」と呼ばれる、足の振りが表現されます。