日本舞踊【鷺娘】 TOP 日本舞踊【鷺娘】用語集 > 「片撥」 日本舞踊【鷺娘】用語

サイト最新エントリー

「片撥」 日本舞踊【鷺娘】用語

片撥[かたばち]

片撥[かたばち]は、片桴[かたばち]とも書きます。

もとは、三味線の弾き方から名付けられた流行唄をさしていたことばでした。

この流行唄は、京都の遊里から始まって、江戸時代、吉原で流行した、と言われています。

今では、この流行唄の曲名として、特定な曲をさしていうのではなく、邦楽における演奏の技法をさしています。

囃子方[はやしかた]が右手だけで太鼓を打つ技法を指す場合と、三味線の演奏法をさしていう場合とあるようです。

鷺娘においては、クドキのあとにくる「恋に心もうつろいし」の傘尽くし[かさづくし]の華やかな踊りの一節に取り入れられていて、 三味線の演奏法のひとつとしての、片撥[かたばち]をさしています。

三味線の演奏法としては、複雑な技法といえるようです。

 

参考サイト:【日本舞踊】用語集 :  片撥 [かたばち]