サイト最新エントリー

日本舞踊 長唄「鷺娘」をことばで表現!?

日本舞踊 長唄『鷺娘』は、名曲であるために、世の中では、色々な表現をされています。

『鷺娘』は、どんな表現で語られているのか、その気になるフレーズを、集められる限り、集めてみました。

■長唄の大物

■女形の美しさを極めた

■曲は三下がり。凄艶[せいえん]な節附[ふしづけ]の名曲

■清冽かつ幻想的な舞台

■全体が三下がり、しっとりとした曲

■超自然現象的な印象が強くある

■短時間のうちに人生の苦患をみごとに凝縮した名作

■女性の宿業を哲学的に表現

■美学的な設定

■白鷺が命をかけて舞う

■墨絵を思わせる古風で幽玄な世界

■単彩からなる世界の美しさが際立つ

■地獄の責め苦に遭う女性の変転を、清麗な白鷺に仮託してみせる

■凄絶なエンディング

 

※各種の資料などから、『鷺娘』を表現している・象徴していると思われるフレーズのみを収集しました。